なかなか治らないアレルギー性鼻炎には|症状で治療法が変わる

メンズと婦人
このエントリーをはてなブックマークに追加

早期治療を始めましょう

医者

新宿の耳鼻科では難聴や耳鳴りといった耳に関する不具合だけでなく、めまいに関する相談を行っています。平衡感覚を司る器官が聴覚神経の周辺にあり、めまいと難聴は相互に影響を与える事があります。治療には薬物療法により、内耳のむくみを解消してめまいと共に耳の不調も整えていきます。

もっと読む

耳の機能を補助

シニア男性

難聴とは耳が聞こえにくくなる障害のことであり、補聴器を使用することでスムーズに会話をすることができ、昔と比べ性能が上がっているため会話をしていて不快に感じることはないでしょう。また、難聴は伝音声、感音性、混合性の3つに分けることができ、耳が聞こえにくいと感じた場合には耳鼻科を受診することが大切です。

もっと読む

誰でもなる可能性がある

男女

アレルギー性鼻炎はハウスダストなどが原因となる通年性アレルギー性鼻炎と植物の花粉などが原因となる季節性アレルギー性鼻炎があります。主な症状としては、くしゃみや鼻水、鼻づまりがあります。この症状は急性鼻炎にも似ているところがあるため、間違う可能性もあります。治療法に違いがありますので、どちらの症状であるかをしっかりと見極める必要があります。アレルギー性鼻炎の特徴としては、発熱が見られない、朝方・就寝時に悪化することがあるなどがあります。一方の急性鼻炎は発熱を伴うことが多い事や時間帯による症状の変動が見られないという特徴があります。気になる症状がある場合には、自己判断せずに医療機関を受診するようにしましょう。

アレルギー性鼻炎を疑われる場合には、何科を受診するべきかというと、かかりつけ医がいる場合には、かかりつけ医に相談するようにしますが、一般的には耳鼻咽喉科やアレルギーの専門医のいる医療機関を受診するようにしましょう。アレルギー性鼻炎の症状を治める効果を期待することが出来る市販薬も販売されていますが、効果の無い市販薬を飲み続けることは健康を害する可能性がありますので、症状が治まらない場合には、医療機関を受診することが重要です。大切なことは、症状が軽い内に適切な治療を受けるということです。症状が出る時間帯や時期があるという場合には、医療機関を受診する際にその情報を伝えるようにすることで症状を抑えることが出来るでしょう。

デジタルタイプがベスト

笑顔の男性

これから補聴器を使おうとしている方がいるはずです。選び方として、会話が聞き取りやすい、自動調節してくれるメリットがあるデジタルタイプが良いと思われます。また、自分に合ったものを選ぶためにオーダーメイドにするのもオススメです。さらに補聴器は公的支援が受けられるケースがあるので利用してみてください。

もっと読む