なかなか治らないアレルギー性鼻炎には|症状で治療法が変わる

先生
このエントリーをはてなブックマークに追加

デジタルタイプがベスト

笑顔の男性

オーダーメイドにしよう

音が聞こえにくいと日常生活に支障が出るため、補聴器を使おうと考えている方がいるかと思われます。技術の進歩に伴い、クオリティが高い補聴器が増えているので、耳が聞こえにくくなっても、安心して生活することができます。そこで、補聴器の選び方について見ていきます。選び方を知らないと間違った選択をしてしまう可能性があるので、正しい選び方を知っておくとよいでしょう。まず、デジタルタイプを選ぶようにしてください。デジタルタイプは音声と騒音を判別してくれるので会話が聞き取りやすい、音質や音量を自動調節してくれる等のメリットがあります。アナログタイプではなく、使いやすいデジタルタイプを選ぶのがベストです。また、選び方として、オーダーメイドの補聴器がよいでしょう。耳のサイズは人によって異なるので、自分に合ったものを使うのが望ましいです。費用は高くなってしまいますが、快適な生活が送れるようになるので許容できるはずです。

公的支援がある

補聴器は基本的に保険が適用されませんが、身体障害者福祉法で定められた障害程度に該当されれば公的支援を受けられるので、公的支援の存在も知っておくと安心です。原則として費用の1割を負担することになるので、かなりお得になります。補聴器は決して安いものではないので、お得な制度は積極的に活用してみてください。補聴器は安さだけで選ぶことのないようにしてください。生活する上で大事なものなので多少費用が高くなっても構わないという考えを持ってください。安さを謳っている商品も中にはありますが、音が鮮明でなかったり、アフターケアが不十分などの問題があるので、安易に安さだけで選ぶのは避けるようにしましょう。