なかなか治らないアレルギー性鼻炎には|症状で治療法が変わる

先生
このエントリーをはてなブックマークに追加

耳の機能を補助

シニア男性

会話がしやすくなる

難聴は大きく分けると、伝音声、感音性、混合性の3つに分けられます。まず、伝音声難聴とは、外耳と中耳が正常に機能することができない状態であり、音が伝わりにくくなるのです。音を大きくすれば聞こえるため、補聴器などを使用することで音を聞くことができるのです。そして、感音性難聴とは、内耳より奥の神経系に障害があることにより、高温域の音が聞こえにくくなったりするのです。これは、補聴器を使用しても聴力が回復することは難しいといえるでしょう。さらに、混合性難聴とは、伝音声と混合性の両方の障害がある難聴のことを言います。難聴には3種類あるため、日常生活で少し耳が聞こえなくなった時にはすぐに耳鼻科を受診するほうが良いでしょう。診断結果に応じて、推奨される補聴器もまた変わってきます。

3つに分けられる

難聴とは、耳の聞こえが悪くなる状態であり、だれでもなりうる障害です。耳が聞こえにくい状態であれば、だれでも補聴器の使用を考えるでしょう。そんな補聴器を使用することで聴力を補うことができ、相手とスムーズに会話をすることができるのです。補聴器がない場合には、自分の声や相手の会話が聞き取りにくいため、ついつい大きな声を出してしまいがちなのです。そのため、難聴の方は日常生活で補聴器を常に使用することを意識する必要があるのです。また、補聴器は国が認めた医療器具であるため安心して使用することができます。さらに、最近の補聴器は昔と比べ雑音やハウリングを防止する機能がついており、どんどん性能が上がっているため、会話していて不快に感じることは少ないでしょう。